薬剤師の求人サイトを利用する

近年薬剤師や看護師になりたい若者が増えている

/ 薬剤師求人検索くん

近年薬剤師や看護師になりたい若者が増えている / よりよい条件の求人を探してくれる薬剤師専門求人サイト

今は多くの人が気軽にインターネットでいろいろなことを検索できるようになっている時代です。
これはグルメや旅行、身近な話題に限ったことではないのです。
どういったジャンルでも気軽に簡単に調べることができるようになっているのです。
毎日の生活にもはや欠かせないものになっているのがネットであって、本などで調べるというよりもずっと素早く知りたいことを知ることができるようにもなっているのです。
これはとても便利です。
近年の傾向として、不景気の時代が長く続いたこともあって安定した仕事に就きたいと思う人が増えています。
チャレンジ精神も大切ですが、無難に資格を取ってそれを活かしていくことができるような仕事を目指したりするのです。
特に理系のジャンルが人気であって、医師や歯科医師、薬剤師や看護師などになりたいという若者が多いのです。
大学の学部を目指すにも難易度が上がり、私立大学においては学費が高くても無理をして捻出をするというところも増えているくらいなのです。
そういった中でも理系の女子に人気があるのが、薬剤師の仕事です。
大学の薬学部に6年間通い、専門的な勉強をしていくことになります。
その中には実習や実験なども含むようになります。
そして卒業するころの2月に国家試験を受験することになって、合格できると晴れてこの仕事に就くことができるようになるのです。
理系女子に人気がある理由はいくつか挙げることができます。
一つとしては、専門知識を活かすことができて、社会的に貢献度が高い仕事であることです。
仕事内容自体は調剤をしたり、薬に関する説明を患者にするという服薬指導などになります。
処方箋を処理していくことになるのですが、それほど肉体的な負担を伴うものではないので、長く勤めることができるようになるのです。
中には定年を過ぎても働いている人もいるくらいなのです。

転職の悩みの解決に役立った薬剤師専門の求人サイト

大学を出て調剤薬局で働いていたものの、最初のうちは楽しかったのがだんだんと辛く感じられるようになってしまいました。
仕事が単調で変化がないというのが私が働いていた調剤薬局の問題点です。
循環器の専門病院の門前薬局になっていて、近くには整形外科クリニックと一般内科程度しかない立地だったので、処方箋の内容がほぼ決まってしまっていました。
それを覚えてしまうと調剤も服薬指導も全てルーチンになってしまい、仕事が簡単という意味では楽なのですが、新しさがないという意味でつまらないものになっていたのです。
もっとやりがいのある仕事や変化のある仕事をしたいと思って転職しようと思い立ちました。
ただ、やりたい仕事が見つからなくて何度も転職を繰り返してしまうのではないかと心配になる気持ちもあり、しばらくはそのままその薬局で働き続けていました。
しかし、このままでは精神衛生上良くないと思い、求人サイトをみるようにしたのです。

調べてみると薬剤師専門の求人サイトにはただ募集広告が載せられているだけではなく、多様な情報発信が行われていることがわかりました。
薬剤師の仕事や転職などに関わる情報がコラムで載せられているので、どのような仕事があるのかと興味津々になって読む日々になったのです。
コラムを読み進めているうちにやはり転職をしようという気持ちは強くなったものの、どの仕事を選べば良いのかは判然としませんでした。
結局は慣れてしまったら今のようにルーチンになってしまうのではないかという懸念が合ったからです。

そこで利用したのが求人サイトの運営側に連絡することでした。
キャリアコンサルタントに相談できるシステムがあることがわかり、試しに相談をしてみようと考えたのです。
常に変化のある仕事ができる職場として何を選んだら良いのかという形で相談してみたところ、提案してもらえたのが総合病院と小さな薬局の薬剤師求人でした。
まるで対極にあるようなものだったので理由を聞いてみると、ただ変化と一言で言っても色々な形があるという話をしてもらうことができました。
現状でも処方箋は同じであったとしても服薬指導をする相手は異なるので、それぞれに応じた説明をしていこうと考えると変化になると考えられるでしょう。
病院に行けば調剤以外にも病棟での服薬管理や医薬品の在庫管理などの仕事が多彩になるという意味で変化があり、
小さな薬局になると販売管理や顧客とのコミュニケーションも重要な仕事になるので変化が生まれるというものです。
そのような話を聞いてなるほどと納得し、あらためて自分がどのような変化を求めているのかを考えることができました。
結果として選んだのは病院の求人であり、薬剤師という立場でできる多様な種類の仕事に従事していきたいというのが私の望みだったのです。

サイトで検索をしてみると他にも病院からの求人はありましたが、勤務地の近さや待遇の良さから紹介してもらえた病院から応募しました。
これ一回で決まってしまうとは思っていなかったものの、キャリアコンサルタントからの連絡が伝わっていたのかその日のうちに
採用通知をもらうことができたのは幸運だったと言えます。
ただ、まだ転職する準備がきちんとできていなかたので勤務日は一ヶ月後にせざるを得ませんでした。
それでも良いという形で採用してもらえたので、できる限り急いで引き継ぎをした上で新しい職場での仕事を始めています。
まだ新しい仕事に慣れようとしている段階ですが、既に薬局で調剤に明け暮れる日々だった頃に比べて多くの仕事に携わることができて楽しい日々です。
サイトからキャリアコンサルタントに相談をしてみたのは転職の成功の秘訣だったと言えます。